窓の結露を抑えて家の耐久性を上げる

| コメント(0) | トラックバック(0)
窓の結露。
そのままにしていると、カビが生えたり、窓枠が腐ったりする原因になります。

結露拭きが
冬の朝の日課になっている方も多いのではないでしょうか。

結露は、家の中の水蒸気が冷たい窓にあたって、凝結する現象です。
氷水の入ったコップのまわりに水がつくのと同じ原理です。

では、魔法瓶はなぜ冷たい水を入れても結露しないのでしょう。

魔法瓶は、水を溜めておく内側とてにもつ外側の間に空気層があります。
空気は熱を伝えにくいので、魔法瓶の外側は冷たくなりにくくなっています。
そのため、結露しないのです。

つまり家のガラスも、2枚のガラスの間に空気の層を作ってあげれば
結露を抑えることができます。


kouka_glass_hikaku.jpg



窓の結露はガラスだけではありません。

アルミ製のサッシもそうです。
アルミは木の1,700倍も熱を伝えやすいのです。
そのため、冬のアルミサッシは外とほとんど同じ温度になっています。


そのアルミサッシを結露させないためには、アルミではない材料に変えるか
アルミサッシのまわりの湿度を低くするかのどちらかです。


窓の結露についてはコチラのサイトでも紹介されています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://towertv.xsrv.jp/blog/mt-tb.cgi/259

コメントする