あなたの家の防犯は大丈夫ですか?

泥棒による被害は少なくなってきていますが、今でも多くの方がその被害に遭っています。

また、泥棒に侵入された方からお話を聞くと、
「また同じ目に遭わないか心配で、引っ越しをしたい」
「夜眠れなくなった」
など精神的な被害を伴う場合が多いのです。

泥棒被害を未然に防ぐためはどんな方法があるのでしょう。


1.泥棒のことを知ろう!

 泥棒が狙う家というのはどんな家なのでしょう。

 一般的には、

 ・周囲の目が少ない
 ・侵入の際に音があまり出ない
 ・侵入にかかる時間が短くてすむ
 ・留守の時間が長い

 ・逃走経路がある

 などと言われています。

 泥棒は、こういった条件に当てはまる家に侵入し犯行を行います。
 


 侵入経路はどこなのでしょう。

 戸建住宅では、4割以上がガラスを割って侵入しています


dorobo_shinnyukeiro.jpg




















2.防犯の方法
 泥棒が狙う家に該当する方はどのようにして身を守ればいいのでしょう。

 1、施錠をしっかりと行う
   無施錠の窓から侵入するケースが4割をしめます。
   短い時間の外出であっても、防犯上、施錠を行うということが
   基本になります。

 2、窓を割らせない。
   泥棒の侵入経路としてもっとも多いのが、ガラス破り。
   つまりガラスを割って侵入するケースです。

   一般的な1枚の板ガラスの場合、ドライバーやバールのようなもので
   簡単に割ることができます。
   侵入にかかる時間は十数秒。
   その窓を割れにくいものに変えることが効果的です。
   
 3、町内で見回りをする、挨拶を交わす。
   町内の人づきあいが積極的に行われている地域は、
   外部から来た人間が目立ってしまうため、好まない傾向にあります。  


3.侵入を防ぐための窓リフォームの具体的な方法
   防犯性を上げるためには、まずは窓から侵入させないこと!

   そのためには、防犯性の高い窓や鍵を複数設けることが有効とされています。
   泥棒は侵入に5分以上かかると7割が諦めるというデータが出ています。
 
   横の写真を見て下さい。

glass_photo.jpg   一般的なガラスと防犯ガラスの
   強度試験結果です。
   同じ力を加えても割れにくいのが
   わかります。
   これは、ガラスに特殊フィルムを
   貼り付け強度を増しています。

   また、複層ガラスの防犯ガラスも
   あり、ガラスとガラスの間にフィルム
   が貼り付けられているので、
   耐久性も高く、いたずらの防止にも
   なります。

   また、窓を2重化する内窓の場合、
   鍵が2重にかけれますので、
   更に防犯性が上がります。
























窓の結露。
そのままにしていると、カビが生えたり、窓枠が腐ったりする原因になります。

結露拭きが
冬の朝の日課になっている方も多いのではないでしょうか。

結露は、家の中の水蒸気が冷たい窓にあたって、凝結する現象です。
氷水の入ったコップのまわりに水がつくのと同じ原理です。

では、魔法瓶はなぜ冷たい水を入れても結露しないのでしょう。

魔法瓶は、水を溜めておく内側とてにもつ外側の間に空気層があります。
空気は熱を伝えにくいので、魔法瓶の外側は冷たくなりにくくなっています。
そのため、結露しないのです。

つまり家のガラスも、2枚のガラスの間に空気の層を作ってあげれば
結露を抑えることができます。


kouka_glass_hikaku.jpg



窓の結露はガラスだけではありません。

アルミ製のサッシもそうです。
アルミは木の1,700倍も熱を伝えやすいのです。
そのため、冬のアルミサッシは外とほとんど同じ温度になっています。


そのアルミサッシを結露させないためには、アルミではない材料に変えるか
アルミサッシのまわりの湿度を低くするかのどちらかです。


窓の結露についてはコチラのサイトでも紹介されています。

泥棒の侵入経路

| コメント(0) | トラックバック(0)
家族の安全を脅かす空き巣。

近年空き巣の被害は減っていますが、それでも依然として年間1,000件ほど発生しています。


戸建の住宅ですと、
窓を割っての侵入が6割を占めます。
dorobo.jpg



玄関の鍵を強化してもガラスを割って侵入されると意味がありません。


あなたの家の防犯対策はどうですか?




glass_change_illust.jpg
ガラス交換の特徴は

 ◎今お使いのサッシが使えるので、
  費用が安く抑えられる

 ◎アタッチメントを取り付けるので、
  複層ガラスも取付可能

 ◎アタッチメントがあるので、見た目もキレイ

 △サッシ枠は交換しないので、
  断熱効果は内窓の半分程度

 △サッシ枠は交換しないので、
  サッシの結露は防ぐことができない


内窓の特徴

| コメント(0) | トラックバック(0)

uchimado_illust.jpg
内窓の特徴は、
  ◎内窓は、アルミの1000倍熱を通しにくいプラスティックのサッシが使われているため、
   サッシの部分も冷たくなりにくくなっています。

  ◎内窓と今までお使いの窓の間に空気層が出来ますので、
   さらに熱を伝えにくくなっています。

  ◎内窓に入れるガラスは防犯ガラスや断熱性の高い複層Low-Eガラスなどもお選び
   頂けるので、ご家族様の予算や希望に沿ったリフォームができます。

  ◎隙間風を防ぐ構造となっていますので、
   隙間風の不快感を抑えることができます。

  ◎今お使いのサッシに加え更にロックができるので、
   防犯性が上がります。


窓の快適性を上げるためには、
4つの窓リフォームの方法が選べます。

1 内窓を取り付ける

  今ある窓の内側に、もう1重窓枠と窓を取り付ける方法です。

uchimado_illust.jpg
  内窓の特徴についてはコチラをチェック
  


2 ガラスの交換

  現在お使いの窓のガラス部分だけを断熱性の高いものに変える方法です。

glass_change_illust.jpg
  ガラス交換の特徴についてはコチラをチェック



3 カバー工法

  今お使いの窓の枠をカバーするように新しいまどを取り付ける方法です。




  カバー工法の特徴についてはコチラをチェック




4、新しい窓に付け替える
 
  サッシのまわりの壁をカットし、今お使いの窓を取り外して新しい窓を取り付ける方法です。



  新しい窓に付け替える方法の特徴はコチラをチェック




窓際に立つとなんだかゾクッとする。
こんな経験は誰もがしていると思います。

これは、人間の体が、空気の温度だけではなく、
冷たいものから発せられる放射熱も感じているからです。

冬に冷たくなった窓も同じように、冷たい放射熱を出していて
それを人間は感じているのです。

samui_illust.gif


つまり、あのゾクッとする感じを抑えるためには、
窓の温度を上げてあげればいいのです。


つまり、


熱が逃げにくいように変えてあげるのです。


具体的な方法のページへ

今お住まいの家を窓リフォームによって、
価値を上げることができます。



まずは、窓を交換することによるメリットを知りましょう!



メリット

その① 家の中の快適性を上げる

その② 窓の結露を抑えて、家の耐久性を上げる

その③ 家の防犯性を上げる

その④ 家の中の床や家具の日焼けを防ぐ

その⑤ 家の省エネ性を上げる

その⑥ 家の防音性を上げる


窓リフォームのキーワード


「家の中の寒さ・暑さを和らげる」
家の快適さを上げる

「結露をさせない」
家の耐久性を上げる

「泥棒に狙わせない」
家の防犯性を上げる

「暖冷房にかかるランニングコストを抑える」
家の省エネ性を上げる


です。

a greeting...

| コメント(0) | トラックバック(0)

「ア・グリーティング」アロマ・グッズ&ギフトSHOP
ただいまリニューアル準備中です。しばらくの間、失礼致します。2009/07/19

Copyright (C) 2001-2009 tt-pro.com. All rights reserved.